きそがわ幼稚園とは
園の1日
活動紹介
年間行事表
入園のご案内
園の概要
ブログ
最近の記事
2021.10.22
おいもほり☆
カテゴリー
過去の記事
鬼はこわい
2018.01.29

鬼はこわい

 

本日、一足早く幼稚園で豆まきをしました。

子ども達は自分たちで作った鬼のお面を被り、

豆入れを首から下げて

「鬼は外―!福は内―!」と

ある時点までは元気に楽しく行いました。

このある時点とは、「鬼」が教室に入って来た時です。

にこやかな空気が一変、一気に子ども達に緊張が走ります。

鬼が入ってきた途端、

ある子は「キャー!」と先生の後ろに隠れ、

またある子は固まって動けなくなってしまい、

勇気ある子は「鬼は外!鬼は外!鬼は外―!」

と何かの敵のように豆を投げ続けます。

(「福は内」を忘れていますけど…)

 

実は子ども達を恐怖のどん底まで追いやったこの鬼は

佐藤先生が扮しておりました。

もちろんこの鬼は子ども達を取って食うわけではありませんが、

やはり「鬼」は子ども達にとって怖い存在なんですね。

この鬼さん、ひとしきり子ども達から豆を投げつけられたり、

悲鳴をあげられたのち、すごすごと退散します。

子ども達は「やったー!鬼やっつけた!」

このようにして子ども達の心に残った豆まきが終わりました。

 

 

ちなみに最近の絵本などでは鬼はだいぶコミカルに

描かれるようになりました。

昔話しでは鬼は悪の化身、鬼=恐怖の対象のように描かれていました。

しかし、桃太郎には退治され、一寸法師には針でつつかれ、

和尚さんには餅の中に入れられ食べられたり(鬼婆)と、

最後には「ごめんなさい、もう悪さしません」と

許しを請います。

結局のところ、鬼の勝率はあまりというか全くよくはありません。

まあ、日ごろの悪行のせいで鬼は悪くて怖い奴という

イメージが付いているのでしょうね。

 

こんな連敗続きのくせに悪いイメージしかない鬼にたいして

憐憫の情を覚えます。

そこで鬼さんを少しでもイメージアップさせる為

先日ご紹介した「泣いた赤鬼」のような

怖くない鬼の登場する絵本を今後ご紹介できればと

思っていますので、楽しみにしていてください。

 

  • ブログ

    園児たちの生活をお届けします
  • フォトアルバム

    保護者さま限定公開お子さまの記録写真
  • 子育て相談

    保護者様のためのお悩み相談室です
  • よくあるご質問

    みなさまからいただくご質問をまとめました
書類ダウンロード
お役立ちリンク
きそがわ幼稚園とは
園の1日
活動紹介
年間行事表
入園のご案内
園の概要
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
0586-87-4455
きそがわ幼稚園
幼保連携型認定こども園 きそがわ幼稚園
〒493-0007 愛知県一宮市木曽川町外割田堀田110
Copyright ©KISOGAWA KINDERGARTEN All Rights Reserved